金沢司法書士行政書士事務所

  • お電話でのお問い合わせは052-911-4438
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • トップページ
  • 事務所紹介
  • 業務案内
    • まずはじめに
    • 借金でいっぱいの身の上を整理したい
    • 相続があった・遺言書を書きたい
    • 裁判所を利用したり、身近な紛争を解決したい
    • 土地や建物を売買・贈与したい
    • 会社を作りたい
    • 高齢や障害など判断能力が心配
    • 契約書を作ったり、許認可を受けたい
    • 国籍や入管業務に関すること
  • ブログ
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ

ブログ


2010年8月

8月 27 2010

清州越し

 今年(2010年)は、それまで尾張の中心地だった清州から、その地が名古屋へと移った、名古屋開府400年目の節目の年になります(いわゆる「清州越し」1610年)。
 人(武士・町人)や物だけではなく、建物(神社・仏閣・町屋)なども含めて、城下町がまるまる名古屋に移転したといわれており、この清州越しのときに、天守閣に金鯱を頂く名古屋城が築城され、“尾張名古屋は城で持つ”とまで、いわれるようになりました。
 それで今年は、「名古屋開府400年祭り」として、各地で様々なイベントが行われています。
 また、名古屋の雅名(別名)は、「蓬左」といいますが、熱田神宮を蓬莱(ほうらい)宮と称したところから、それに向かって左側の地域(熱田から名古屋城のある辺り)、今でも、徳川園(徳川美術館と庭園を中心とした日本庭園)の一角にある、蓬左文庫にその名をとどめています。

0コメント

8月 20 2010

中馬街道


 
 中馬街道(ちゅうまかいどう)は、かつて名古屋方面から塩・海産物・雑貨が、松本方面からは農産物・林産物が運ばれ、庶民の物資輸送の動脈として利用されていました。この地では昔から窯業が盛んで、美濃焼の輸送ルートとしても発展していました。現代で言う運送業である「中馬」の人々によって利用されていたことから、「中馬街道」と呼ばれるようになった、と言われています。
 中馬街道は、現在の国道363号に沿いに残っていて、バイク(ヤマハSR400)でツーリングに出かけるときに、よく疾風るツーリングルートです。
 また、中馬街道と呼ばれる街道は、他にもルートがあって、信州飯田から南下する伊奈街道より田口を経て、吉田(現在の豊橋)に至るルート、足助を通って岡崎・名古屋に出るルートがあります。上のルート(現在の国道363号沿い)は、美濃の明智・柿野を経て、尾張の瀬戸・名古屋に出るルートになります。
 どの道も起伏に富んだものとなっていて,当時の「中馬」の人たちの大変さがしのばれます。
 

0コメント

8月 12 2010

稲置街道

事務所から一本西の道は、かつて稲置街道(いなぎかいどう)とよばれていた旧街道になります。稲置街道は、江戸時代に名古屋城下と犬山城下を結んだ街道で、犬山市が、その昔、稲置村と呼ばれていたことから、このような名前がついているみたいです。

稲置街道のすぐ脇にある久国寺には、あの芸術家岡本太郎氏作の角がたくさん生えている鐘(「歓喜」と名づけられている)があり、一般の方もつくことができるみたいです。ほかにも、稲置街道の碑や、造り酒屋などの商店もあり、往時をしのばせます。

0コメント

8月 06 2010

連日の猛暑日

毎日、こんなに暑くては、なにかと大変です。

打ち水の記事が、新聞などにのったりしてますが、朝夕の日が高くないときにすると、良いみたいです。

ブログをはじめましたので、よろしくお願いいたします。

1コメント

8月 05 2010

ホームページを公開いたしました。

ホームページを公開いたしました。

よろしくお願い致します。

0コメント

ページの先頭へ


Copyright(C) 金沢司法書士行政書士事務所. All Rihgts Reserved.