ブログ

名古屋は北区の下町にある事務所です。 ブログから様々な情報を発信していきます!

トップ >  ブログ

名古屋城~木造天守閣再建へ

2017/03/23 ブログ

 以前にも、ブログで紹介したこともある、名古屋城の木造天守閣再建ですが、遂に、議会で可決されたようです。早ければ、来年秋頃に、取り壊しにかかり、5年後の、2022年(H34年)に、完成させる予定とのこと。名古屋城には、建築当初の設計図が残っていることから、完全に近い形での復元の可能性が高いです。おそらく、全国的にも、初めてのケースでもあり(世界的にも、あまりない前例がないのでは)、前代未聞の工事が始まります。

 名古屋で生まれ育った一市民として、今の名古屋城がなくなるのは、少しさびしい気もしますが、決まった以上は、より、素晴らしいものになって帰ってきて欲しいです。

 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170323/k10010921801000.html

 本丸御殿は、一部、完成して、観覧できます。

 http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/honmarugoten/18_topics/2013/1306/index.html


社会福祉法の改正:2017.4/1~施行

2017/01/12 ブログ

 社会福祉法が改正され、本年4月1日より、施行予定です。

 今回の改正は、大改正とも言えるべきものであり、主な点は、次のとおりですが、関係諸団体(保育園、介護施設等)は、対応に迫られることになります。

 ① 評議員及び評議委員会の必要的設置(=議決機関化)←経営組織の抜本的見直し

 ② 財務諸表,現況報告書,役員報酬基準等の公表 ←事業運営の透明性の向上

 ③ 財務規律の強化

 ④ 地域における公益的な取組を実施する責務

 ⑤ 行政の監督機能の強化

 また、厚労者から、既に、改正定款(例)もアップされており、管轄官庁からも、定款変更等の連絡がなされているものと思われますが、対応に窮しておられる団体がおありなら、弊事務所にて、お力になれるやもしれません(特に、保育園等)。

 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000142657.html


新年のご挨拶:2017(H29)

2017/01/10 ブログ

 新年、明けましておめでとうございます。

 早いもので、今年もはや、10日が過ぎてしまいました。先週から、仕事始という方も多く、今週から、今年も、本格的な始動開始というところでしょうか。

 そんな訳で、毎年恒例にしております、昨年(H28年)のmy 書評ベスト3(①法律書・②新書・③小説)を挙げてみたいと思います。

 ① 「登記制度の視かた考え方(フレームコントロールの原点)」:伊藤塾編、弘文堂

 登記制度について、諸外国(独・仏)からの制度の継受と、日本独自の発展とを比較しながら、あるべき公示制度を考察します。実務家でもなく、また、研究者でもない、司法書士の受験指導者という立場で、説かれるその意見(登記実務特有の実体上の解釈)は、登記にかかわる全ての関係者に、大きな提言を与えています。

 ② 「つきはぎ仏教入門」:呉智英著、ちくま文庫

 近くの書店で、なにげなく、手に取った新書でしたが、読み始めると、止まりません。普段、何気なく感じていた仏教の教え(=釈迦の根本思想)について、簡易明快に、教えてくれています。、

 ③ 「コンビニ人間」:村田沙耶香著、文藝春秋 

 やはり、小説では、昨年の話題作を外すことはできないと思い、あげてみました。コンビニのアルバイト店員として、18年間勤務している36才女性(独身)の主人公が、ある突拍子のないことからから、コンビニから離れようと試みますが、最後は、結局、離れられない。そんな話しなのですが、一気に読めてしまう、小説本来の楽しさと、結婚&仕事について、あらためて考えさせられてしまう、好著でした。

 本年も、どうぞ、宜しくお願い致します。


年末年始のお知らせ

2016/12/28 ブログ

 早いもので、今年も、本日で仕事納となります。

 来年は、酉年、羽ばたける一年にしたいものですネ。

 年末年始は、H28.12/29(木)~H29.1/4(水)まで、冬季休日となります。

 年明け、1/5(木)~、仕事始となりますので、宜しくお願い致します。


名古屋で買おまい★プレミアム商品券:2016

2016/10/11 ブログ

 去年、各地で実施された、地域限定プレミアム商品券ですが、今年も、行なわれるようです。

 ここ、名古屋では、「名古屋で買おまい★プレミアム商品券」と銘打ち、H28.11.1(火) ~ H29.1.31(火)の期間、使用できます。

 ただ、昨年と大きく違うのは、2点。

① 購入するためには、抽選による当選が必要(往復ハガキ!)

② 利用できる店舗数が、かなり少ない

デパートを利用する方には、良いかもしれませんネ。

http://www.kaomai-shouhinken.com/


連日の猛暑日:夏季休暇

2016/08/10 ブログ

 ここ数日、連日の猛暑(酷暑)日(最高気温:35℃以上の日)となっています。

 さすがに、35℃を超えてくると、肌がちりちりしてきます。

 http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/data/kouon/t_maxmin.html

 弊事務所も、8/11(木)~8/16(火)まで、お盆休みに入ります。

 宜しくお願い致します。

 


リオデジャネイロオリンピック:2016

2016/08/09 ブログ

 リオデジャネイロオリンピックが、もっか開催中です。現地とは、12時間の時差がありますが、テレビに釘付けの方も、多いのではないでしょうか。

 そんな中、昨日、何気なく、テレビをつけたところ、卓球中継がやっていて、53歳の選手(ニシャリャン:ルクセンブルク、中国からの帰化選手)が、29歳のロンドンオリンピック銅メダルの選手(ティアンウェイ:シンガポール)を翻弄しているではありませんか。

 正直、卓球という競技に、それ程、興味があった訳ではないのですが、あまりにも面白くて、テレビの前に、釘付け状態になってしまいました。言うなれば、ご近所に普通にいそうな中年の女性(失礼!)が、バリバリのスポーツ選手相手に、圧倒している状況です。そのあまりのギャップに、はまってしまった訳です。

 解説者の方の実況も、ルールをあまり知らない視聴者にとって、抜群に分かり易く(また、二人とも凄く有名な選手ということ)、あれよあれよと、進んでいきました。

 結果は、前半、圧倒していた、ニシャリャン選手でしたが、後半は、さすがに、銅メダリスト、ティアンウェイ選手に、逆転を許してしまいました。

 しかし、53歳という年齢ながら、一線で活躍するその姿は、素晴らしく(解説者によると、ニシャリャン選手のプレースタイルは、あまり動かないらしく、また、見ていても、何だかコミカルで楽しい)、負けたとは言え、試合直後のニシャリャン選手の表情は、大変充実しているように感じました。また、コーチがご主人というのも、何だか良いですね。

 少しだけ、オリンピックの精神と、卓球というスポーツの奥深さを、垣間見た気がしました。 

 http://www.asahi.com/articles/ASJ8901XYJ88UPQJ00P.html


ナゴヤ・オクトーバーフェスト:2016

2016/07/15 ブログ

 今年も、ドイツビール最大の祭典、「ナゴヤ・オクトーバーフェスト2016」が、やって来ました(7/24日まで)。

 すでに、1回、行ってきましたが、機会があれば、また行きたいところです。

 毎年5月に開催される、「ベルギービール・ウィークエンド」も良い催しものですが、「オクトーバーフェスト」の方は、1杯が、300ml~500ml、中には、1ℓのものもあって、なかなかパンチがあります。

 暑い中、飲む、本場のドイツビールは、最高に美味しいはずです!

 http://nagoya-oktober-fest.com/


あじさい祭り~形原温泉:蒲郡~

2016/06/30 ブログ

 6月も、今日で最終日。あじさいの季節も、後わずかになってきましたが、ここ愛知県で有名なあじさいの里と言えば、蒲郡にある「形原温泉」。

 あじさい祭り自体は、今日で最後ですが、先週末に見に行ったところ、まだまだ、大丈夫そうです。名古屋からでも、片道60分~70分前後。色とりどりのあじさいが、見られますよ。

 http://www.katahara-spa.jp/ajisai/


GW:2016~東海地方~

2016/05/02 ブログ

 今年のGW(ゴールデンウィーク)も、中盤に入ろうとしています。暦の関係から、5/2(月)と5/6(金)が平日のため、前半~中盤~後半とあるような気がします。

 各地で、イベントが目白押しですが、ここ、東海地方でも、特におすすめなのは、次の3つではないでしょうか。

 ①「ベルギービールウィークエンド名古屋」:~5/8(日)まで

 わたしも、毎年、必ず参加していますが、5月の陽気の中、都会の公園(久屋大通公園)で飲む、ベルギービールは、最高に美味いですね。

 https://belgianbeerweekend.jp/ja/city/nagoya/view

 ②「浜松まつり」5/3(火)~5/5(木)

 勇壮な「凧揚げ合戦」と、夜の街を華麗に彩る「御殿屋台の引き回し」。浜松のまちが、最高に熱くなる、3日間です。来年の大河ドラマの主人公である、井伊直虎のゆかりの地でもあります。

 http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/

 ③「長篠合戦のぼりまつり」5/3(火)~5/5(木)

 長篠合戦をあやかって、各地の火縄銃の共演がみどころです。また、ちょっと、足を運んで、「四谷の千枚田」まで、行っても良いかも知れません。都会の喧騒を離れた、つらなる千枚もの田んぼを見ると、大きく深呼吸がしたくなります。

 http://www.honokuni.or.jp/%E9%95%B7%E7%AF%A0%E5%90%88%E6%88%A6%E3%81%AE%E3%81%BC%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A%EF%BC%88%E6%84%9B%E7%9F%A5%E7%9C%8C%E6%96%B0%E5%9F%8E%E5%B8%82%EF%BC%89/


« 前のページ - 次のページ »