ブログ

名古屋は北区の下町にある事務所です。 ブログから様々な情報を発信していきます!

トップ >  ブログ > 2020(令和2年)新年のご挨拶

2020(令和2年)新年のご挨拶

2020/01/07 ブログ

新年明けましておめでとうございます。

昨日から仕事始めという方も多くおられると思いますが、弊事務所も今年も同じく新年が始まりました。

ところで、昨日法務省オンライン申請システムに障害が発生し、到達待ちの状態がほぼ終日続く(申請したものの受付されていない状況)という、極めて深刻な状況に陥りました。

現状での登記申請の方法は「オンライン(電子)申請⇔紙申請」の二通りあり、多くの司法書士事務所では、何か特別な事情がない限りオンライン(電子)申請を利用しています。

システム障害が発生する確率は少ないとは考えられますが、今回のような状況もないとは言えないため(非常に困りますが)、文句を言ってみても始まらないため、案件によっては早い段階で対応することが迫られます。

例えば、会社設立登記(申請日が設立日になる)、受領書実行による抵当権設定登記(登記の受付を条件に融資実行される)等が、実務上挙げられます。

このような場合の対応のひとつとして、速やかに紙申請に切り替えたうえで、管轄法務局に持ち込むという選択があります(ちなみにオンライン申請ができる前はすべて紙申請でした)。

ただ、管轄法務局が近距離なら問題はないのですが、遠距離の場合には、より迅速な判断が求められることになるでしょう。

今回のシステム障害について言えば、結果的には、同日付(1.6)の受付日にて処理されることが法務省オンライン申請システムより発表はされてはいますが、その発表時刻は16:30以降のものであり、受付日が重要である案件について考慮した場合には、遅すぎる発表と言わざるを得ないでしょう。

何事にもトラブルはつきものですが、新年早々、判断が迫られた初日となりました。